ねずみ駆除

postheadericon イエネズミとは

イエネズミとは、民家の中に侵入してくるクマネズミなどを指して呼ぶ総称です。
彼らは、とても警戒心が強く、人前に姿を現すことがほとんどありませんが、いろいろな弊害をもたらすことが知られています。
例えば、伝染病を媒介したりするのです。
彼らがキャリアーとなる伝染病には、数多くのものが知られており、中でもペストやサルモネラは有名です。
最近では我が国における発生はありませんが、ペストにかかると死亡するケースもあるのです。

伝染病以外の弊害とは
イエネズミがもたらす伝染病以外の弊害とは、一体どのようなものなのでしょうか。
その弊害とは、彼らの習性に関係したものです。
彼らは、前歯が伸びすぎないようにするために、何でも手当たり次第に齧る習性があるのです。
時には電線を齧ってしまい、金属線がむき出しとなり漏電を引き起こしたりするのです。
漏電すると火花が出て火災の原因にもなりますから、とても危険なのです。
ですから、彼らを見つけたら早めの対策が必要になります。

有効な駆除対策とは
イエネズミに対する有効な駆除対策とは、まずは民家への侵入口を見つけ出して塞ぐことです。
彼らは体が小さく柔軟性もありますから、小さな侵入口でも難なく入ってくることができるのです。
そして、小さな侵入口を見つけることは素人にとってはなかなか難しいことです。
ですから、プロである害虫駆除業者に駆除対策を依頼すると良いのです。
害虫駆除業者は彼らの習性を熟知していますから、短い期間で効果的な駆除対策を実施してくれます。

蜂の巣

postheadericon ネズミの被害について

民家にネズミが住み着いてしまうと、様々なトラブルが発生すると言われています。
ネズミは様々な病原菌を媒介することから、人間の健康を害する恐れがあるのです。
また、色々なものを齧る習性があるため、家の劣化にも影響を及ぼします。
万が一その対象が電気コードだった場合、火災の危険性も考えられます。
以上のようなことから、ネズミは百害あって一利なしの害獣として位置づけられています。
甚大な被害を被らないためにも、見つけ次第早急な対策を立てることが重要になってきます。

早期発見の重要性
対策を立てるのは、早ければ早い程良いとされています。
繁殖力が強いため、少しでも時間が経過してしまうとその総数が爆発的に増えてしまうためです。
早期発見を行うためにも、小さな兆候を見逃さないことが大事です。
柱を伝って天井に上る習性があることから、その付近に黒い足跡を残すと言われています。
また、生息範囲には小さくて黒くてコロコロとした糞を残すと言われています。
このような兆候が見られたら、害虫駆除業者に依頼することが必要です。

害虫駆除業者について
害虫駆除業者にはネズミの習性に熟知したスタッフが揃っているため、生息場所の特定から駆除に至るまで、一貫して任せることができます。
少しでも残ってしまうと、そこから繁殖してしまう恐れがあるため、駆除は特に入念に行われます。
害虫駆除業者にしかできない確実な駆除方法が用意されているので安心です。
また、駆除の後には再度侵入して来ないように通路口となっている穴を塞ぐ対策が取られます。
害虫駆除業者に依頼すると、ここまで徹底的に駆除してもらうことができるのです。

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年8月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031